マンション売却状況は...

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

近年つづくリーマンショック以降の景気後退。その復興途中に起きた大震災の影響で、一向に回復が見えない日本経済の中にあって、景気が良かった時に購入をしたマンションを売却する人たちが後を絶たない状況である。その背景に日本版サブプライムローン問題がある。簡単にいえば、契約時にフルローンを組み、好景気を予想して月々の返済額を生活水準以上に設定し、返済を行ってきた影響が、この景気の後退で会社側も残業規制や休業といった措置を余儀なくされ、予測していた金額の収入が確保されなかったという状況である。これによりマンション売却に拍車が掛かった。


こういった中でも、一部では好景気を迎えている業種もある。それは、中古マンション市場である。上記に記載したような状況から手放した物件が、新築同様の状態で中古物件として出回っているのである。それもかなりの格安物件として、出回っているのが現状である。なぜに格安かというと、疑惑付きの優良物件というには、先方側も出来るだけ早く売れて、手元に現金が欲しいというのが本音である。そういった中、マンション売却する側の思惑から、売れやすい価格帯を設定するものが多く見られる。


合わせて、高級マンションも購買は好調である。その理由として、上記のようにマンション売却をする側の思いから金額がだだ下がりを起こしているのと、デフレ日本の中にある為、地価が下落しており不動産不況も合いなって、高級マンションが格安で販売されているからである。なので、今までは一部の富裕層だけの高級マンションが、プチ富裕層まで購入が可能になった部分が大きいだろう。このように不景気ではあるが、マンションの一部売却では、景気と相反する好景気を生んでいることも忘れてはいけない。