マンション売却を考えるとき

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

マンション売却とは、文字通り一度購入したマンションを自分以外の者に売り渡すことであり、その背景には、さまざまな理由が存在するのである。マンション売却に至る理由としては大きく2つに区分できよう。それはすなわち、金銭的な要因から生じるものと、それ以外の要因から生じるものである。ただし、この二つの大別についても、様々な要因が絡み合って、互いに複合的な要因によりマンションの売却までに至る結果となる場合もあるであろう。


まず、一つの要因である金銭的な理由である。これは当然ながらマンション売却によって得られる金銭を目的としてマンションという資産を売却する行為である。その理由には、借金を返済するためにとりあえず処分をするというケースや、離婚の際の慰謝料を捻出するためといった、ある意味後ろめたい理由から生じることも多いであろう。さらには、もともとマンション売却によって得られる利益を目論んで物件を購入したというケースや、より利殖性を求めての売却という前向き、攻撃的な理由もある。


さらに、その他の理由に属するものには、人生において何らかの障害や壁(離婚、失恋、転職、家族との別離など)を乗り越えるために、心機一転をはかろうという精神的な理由からマンション売却をするケース、マンション自体に魅力が無くなったか、生活上の問題(シックハウス、近所との諍い、設備に不満足、幽霊が出る等々)によって売却に至る場合など、さまざまなきっかけが存在するのである。いずれにしても、マンション売却を行う者は、それによって何らかの見返りを求めているのであろう。